インストラクター

小林 隆照

ディベート教育株式会社 代表取締役社長






<学歴>


1978年 東京大学工学部卒


1989年 米国UCLA 経営大学院修了(MBA)


<略歴>


・国際的日本企業及び世界市場トップの外資企業で、主に新事業戦略や製品マーケティング戦略の立案及び実施を手掛けた


・学生時代にESSでディベート体験後、ディベート道場を主催


・外資系企業で日々ディベートを実践する傍ら、グローバルされた社会を生き抜くためにはディベートが必須と考え、10年以上に渡りディベートの啓蒙活動を実施



ディベート思考理論編

0件のレビュー
インストラクター

小林 隆照

ディベート教育株式会社 代表取締役社長






<学歴>


1978年 東京大学工学部卒


1989年 米国UCLA 経営大学院修了(MBA)


<略歴>


・国際的日本企業及び世界市場トップの外資企業で、主に新事業戦略や製品マーケティング戦略の立案及び実施を手掛けた


・学生時代にESSでディベート体験後、ディベート道場を主催


・外資系企業で日々ディベートを実践する傍ら、グローバルされた社会を生き抜くためにはディベートが必須と考え、10年以上に渡りディベートの啓蒙活動を実施



・ディベート思考とは、ビジネスに直接に役立つ能力のことで、具体的には、論理的思考力、分析力、洞察力、問題解決力等を意味します。
・現代のビジネスでは、日々激動する情報化社会において、多量の情報を正しく分析し、問題の本質をつかみ、解決策を見つけ出すことが重要です。
・こうしたビジネスに必要な能力を開発する手法のひとつとして、ディベートがあります。
・ディベート教育の考える理論編とは、ディベート思考を支える論理的背景を解説するものです。
・ディベート思考を身につけるには、まず推論法、論証、三段論法、反駁、相関、擬似相関、対偶など理論を理解することが大切です。
・こうした「ディベート思考理論編」を解説いたします
※各章には理解度を確認するための宿題があるので、自分で解答してから講義を進めていただきます
※一部の演習問題はテキストがダウンロードできますので、オフラインで学ぶことができます
コンテンツ
  • 三段論法を理解する
  • 演習問題解答例
  • 推論を理解する
  • 演習問題解答例
  • 反駁(はんばく)する
  • 反駁(はんばく)する演習問題PDF
  • 演習問題解答例
  • その他重要な技法
  • その他重要な技法演習問題PDF
  • 演習問題解答例
  • アンケートにご協力下さい。
レビュー
5つ星のうち
-
5
4
3
2
1
  • クーポンを利用する

    クーポンコードを入力してください

このコースを受講した人はこんなコースも受講しています:
  • クーポンを利用する

    クーポンコードを入力してください

このコースを受講した人はこんなコースも受講しています: