インストラクター

柳沼 正秀

ファイナンシャルプランナー(CFP)、キャリアコンサルタント、DCアドバイザー






早稲田大学を卒業後、毎日新聞社で新聞記者、関連会社で「週刊将棋」、パソコン誌、ゲーム誌の創刊、インターネット通信事業を構築、各編集長、編集部長、総務部長を務める。
<FP歴>50歳を機に、ファイナンシャル・プランナー、キャリアカウンセラーとして独立、「中高年者サラリーマンの水先案内人」として、「中高年者の生活設計」を主なテーマに、企業内ライフデザインセミナー講師や家計資産管理など生活設計に関わる個別相談、再就職者の再生活設計プラン相談などを行う。
リタイアメントプランや相続が専門だが、生命保険の見直しや住宅ローンの返済方法、金融商品の賢い選び方、あなたの年金はどのくらいもらえるか、相続と遺言書の基礎知識、生活設計の立て方など一般生活者に関わるお金の話や公的年金をベースにした社会保険制度をテーマに取り上げて講師、個別相談を実施。「FPの赤ひげ」が目標。



人生90年時代を生きる生活設計講座

0件のレビュー
インストラクター

柳沼 正秀

ファイナンシャルプランナー(CFP)、キャリアコンサルタント、DCアドバイザー






早稲田大学を卒業後、毎日新聞社で新聞記者、関連会社で「週刊将棋」、パソコン誌、ゲーム誌の創刊、インターネット通信事業を構築、各編集長、編集部長、総務部長を務める。
<FP歴>50歳を機に、ファイナンシャル・プランナー、キャリアカウンセラーとして独立、「中高年者サラリーマンの水先案内人」として、「中高年者の生活設計」を主なテーマに、企業内ライフデザインセミナー講師や家計資産管理など生活設計に関わる個別相談、再就職者の再生活設計プラン相談などを行う。
リタイアメントプランや相続が専門だが、生命保険の見直しや住宅ローンの返済方法、金融商品の賢い選び方、あなたの年金はどのくらいもらえるか、相続と遺言書の基礎知識、生活設計の立て方など一般生活者に関わるお金の話や公的年金をベースにした社会保険制度をテーマに取り上げて講師、個別相談を実施。「FPの赤ひげ」が目標。



【講座概要】 ミドル世代サラリーマンの多くが老後の不安を抱えているといわれています。一番の理由は、これから定年を迎える人(男性)が60歳から公的年金がもらえなくなったことが挙げられます。年金は働くか働かないかでも変わりますし、働き方によっても年金の受給額が違ってきます。また、従来と違って長生きの時代になったことも60歳以降の老後生活の漠然とした不安になっているようです。

  

 このビデオ講座では、60歳以降の公的年金の選択肢などを確認したうえで、将来のイメージが描ける「ライフプランと資金計画」(キャッシュフロー表)を作成し、後半人生の生きがいや仕事の位置づけを具体的に考えてもらい、その解決策のヒントをつかんでもらえるようします。

  

 老後の不安の中では、「医療、介護にどう備えるか」も大きなテーマです。特に介護では、自分たちの問題の前に親世代の介護を抱えています。遺族年金や公的医療保険、介護保険などの公的保障などを整理しながら、老後のリスクマネジメント(保障設計)の留意点なども伝えていきます。
コンテンツ
  • 60歳以降の選択肢を考える
  • 将来のイメージが描けるライフプランと資金計画表(CF表)
  • 家計資産、退職金の管理運用はどうすればよいか
  • 生命保険の見直しと医療、介護にどう備えるか
  • 老後所得の柱となる公的年金を把握する
  • 住宅ローンの見直しとは
  • アンケートにご協力下さい。
レビュー
5つ星のうち
-
5
4
3
2
1
  • クーポンを利用する

    クーポンコードを入力してください

このコースを受講した人はこんなコースも受講しています:
  • クーポンを利用する

    クーポンコードを入力してください

このコースを受講した人はこんなコースも受講しています: