インストラクター

西 直樹

作曲家、編曲家、ジャズピアニスト、スタジオミュージシャン






【講師 西直樹 プロフィール】


1958年11月5日愛媛県松山市生まれ。
作曲家、編曲家、ジャズピアニスト、スタジオミュージシャン
ファーストアルバムは、スイングジャーナル最優秀録音賞
「猪俣猛&フォース」では、アメリカ西海岸コンサートツアー.シンガポール国際JAZZフェスティバル、ソウルオリンピック前夜祭国際 JAZZフェスティバルなど国外演奏経験を積む。


■スタジオミュージシャンとして
 数多くのCM(代表作曲はロッテのキシリトールガム)、TV、アルバムに参加。その作品数は参加アルバム100枚を超える。サーカス、しゅうさえこ、竹下ユキ、天童よしみ、前川清、小金沢昇司、奥村チヨ、麻倉未稀、渡辺真知子、伊東たけし等、幅広いジャンルのアーティストに絶大な信頼を得ている。


■デジタルピアノ分野では
YAMAHAクラビノーバデモンストレーター育成、KORGデジタルピアノ モニター契約、ROLANDデジタルピアノ開発協力及びデモンストレーション、現在はKORGデジタルピアノの本体デモンストレーションを担当。


■教育方面では
 尚美学園で16年間講師を務めたほかJAZZ関係の理論書、楽譜集、ピアノピースなど多数執筆。


■オーケストラとの競演等
 (1990年代は「東急ミュージックプラザ」
 「クロネコヤマトの宅急便コンサート」
 「ネッスルゴールドブレンドコンサート」。
  第14代 歌のおねえさんの「しゅうさえこ」の音楽監督。
 コーラスグループのサーカスのバンドリーダー。


■ジャズピアニストとしては
 ニューヨーク、アポロシアター、カーネギーホールでの出演をはじめとして、大山日出男グループ、つづらのあつしグループ、そして、名門ビックバンド「原 信夫と#&b」のラストピアニストとして参加。全国のジャズフェスティバル、コンサートに出演
 自己のトリオでの活動も行っている.


■リーダー作9枚
 (代表作 PEOPLE, Jazzy Breeze)、
  著書4冊、ピアノピース4冊、MIDIデータ多数



西直樹e音楽塾 ジャズ&ポピュラー理論講座(基礎コース)

2件のレビュー
インストラクター

西 直樹

作曲家、編曲家、ジャズピアニスト、スタジオミュージシャン






【講師 西直樹 プロフィール】


1958年11月5日愛媛県松山市生まれ。
作曲家、編曲家、ジャズピアニスト、スタジオミュージシャン
ファーストアルバムは、スイングジャーナル最優秀録音賞
「猪俣猛&フォース」では、アメリカ西海岸コンサートツアー.シンガポール国際JAZZフェスティバル、ソウルオリンピック前夜祭国際 JAZZフェスティバルなど国外演奏経験を積む。


■スタジオミュージシャンとして
 数多くのCM(代表作曲はロッテのキシリトールガム)、TV、アルバムに参加。その作品数は参加アルバム100枚を超える。サーカス、しゅうさえこ、竹下ユキ、天童よしみ、前川清、小金沢昇司、奥村チヨ、麻倉未稀、渡辺真知子、伊東たけし等、幅広いジャンルのアーティストに絶大な信頼を得ている。


■デジタルピアノ分野では
YAMAHAクラビノーバデモンストレーター育成、KORGデジタルピアノ モニター契約、ROLANDデジタルピアノ開発協力及びデモンストレーション、現在はKORGデジタルピアノの本体デモンストレーションを担当。


■教育方面では
 尚美学園で16年間講師を務めたほかJAZZ関係の理論書、楽譜集、ピアノピースなど多数執筆。


■オーケストラとの競演等
 (1990年代は「東急ミュージックプラザ」
 「クロネコヤマトの宅急便コンサート」
 「ネッスルゴールドブレンドコンサート」。
  第14代 歌のおねえさんの「しゅうさえこ」の音楽監督。
 コーラスグループのサーカスのバンドリーダー。


■ジャズピアニストとしては
 ニューヨーク、アポロシアター、カーネギーホールでの出演をはじめとして、大山日出男グループ、つづらのあつしグループ、そして、名門ビックバンド「原 信夫と#&b」のラストピアニストとして参加。全国のジャズフェスティバル、コンサートに出演
 自己のトリオでの活動も行っている.


■リーダー作9枚
 (代表作 PEOPLE, Jazzy Breeze)、
  著書4冊、ピアノピース4冊、MIDIデータ多数



皆さん理論は苦手ですよね! 音楽は楽しく自由に演奏するのもたのしいですが、 初心者から上級者まで、楽器の種類は問わず 音楽はどうやって作られているのか理論的に覚えることも大事です。 そんなことから、理論講座を創ることにしました。 楽譜の読み方からスタートして、クラッシクでいう所謂楽典を学びます 音程、リズム、和音、記号等、楽譜に記載されている情報をどのように表現するのか を始めとし、作曲、編曲、ジャズ、ポピュラー音楽での即興演奏に役立つことを理論 からのアプローチで学びます。 長期間に渡る講座となりますが、今回はその基礎編をまず開講いたします、 法則、ルールを知れば一層音楽が楽しくなるかもしれません。
コンテンツ

ジャズ&ポピュラー理論講座第1回 「楽譜の読み方の基礎」

  • [PDF] 理論講座01 まとめ
  • [PDF] 理論講座01 黒板
  • [映像]00 御挨拶とこの理論講座の概略 01:51で間違いをほざいてます。「へ音記号は左にして」が正解です。大譜表を横にしてト音記号が右に、へ音記号が左で鍵盤を表してます。
  • [映像]01 楽譜の読み方をNow's The Timeで見てみよう。
  • [映像]02 五線、音名、変化記号(臨時記号)
  • [映像]03 調号とスケール その練習法。アドリブ練習コースとの連動もしくは、左手2声でのサポートでの応用例。
  • アンケートにご協力下さい。

ジャズ&ポピュラー理論講座第2回 「音符・タイ・ドラムのスネアとバスドラのパターンでリズム練習」

  • [PDF]01 理論02まとめ
  • [PDF]02 理論02黒板
  • [映像]01音符 タイ はた ぼうの向き
  • [映像]02 リズム練習 強拍、弱拍など
  • アンケートにご協力下さい。

ジャズ&ポピュラー理論講座第3回 「アンティシペイション~度数の概略と長音階上の完全音程と長音程について~」

  • 強起、弱起、アンティシペーションとは?1
  • [PDF]理論Chapter03黒板
  • 音程、度数とは?2
  • [PDF]理論Chapter03まとめ
  • 完全音程(Perfect Interval)3
  • 長音程(Major Interval)4

ジャズ&ポピュラー理論講座第4回「短音程と減音程と増音程の導き方。Tensionで必要な複音程とスケールの数字打ちについて。」

  • [PDF]理論講座04まとめ
  • [PDF]理論講座04黒板
  • [映像]01 Major Scale上の長音程、転回
  • [映像]02 短音程の導き方
  • [映像]03 減音程と増音程の導き方
  • [映像]04 音程の転回について
  • [映像]05 音程の広い狭いの関係について
  • [映像]06 Tensionを理解するための複音程について
  • [映像]07 複音程の覚え方とスケールの数字打ちについて

ジャズ&ポピュラー理論講座第5回「楽譜上に表記されるさまざまな記号について。」

  • [PDF]理論講座05まとめ
  • [PDF]理論講座05黒板
  • [映像]01 楽譜に書く色々な表示について その1
  • [映像]02 楽譜に書く色々な表示について その2 Swingについてが主です。
  • [映像]03 反復記号について、これはかなり重要です。

ジャズ&ポピュラー理論講座(中級編)第6回「コードネーム 辞書」

  • [映像]01ガイダンス
  • [映像]02 コードネームの見方
  • [映像]02 3声体の和音1(長3和音 短3和音 減3和音 増3和音)
  • [映像]03 3声体の和音2 (保留3和音 長3減5の和音)
  • 4声体の和音1
  • 4声体の和音2
  • 4声体の和音3
  • アンケートにご協力下さい。

ジャズ&ポピュラー理論講座 主要3和音の連結その1 第7回

  • ガイダンス 主要3和音の順列組み合わせを12Keyで実践トレーニング)
  • ダイアトニックコード
  • 和音の機能について
  • ケーデンスとは
  • サブドミナントマイナーケーデンス
  • サブドミナント&サブドミナントマイナーケーデンス
  • ドミナントケーデンス
  • フルーケーデンス(Ⅰ Ⅳ Ⅴ Ⅰ)
  • フルケーデンス応用編
  • 逆進行(Ⅰ Ⅴ7 Ⅳ Ⅰ)
  • アンケートにご協力下さい。

ジャズ&ポピュラー理論講座 主要3和音の連結第8回

  • その1
  • その2
  • その3
レビュー
5つ星のうち
3.50
5
4
3
2
1
  • 2件すべてのカスタマーレビューを表示(新しい順)

  • 初心者には必要な講座

    投稿日 2017-01-04

    知っている人にはあまりにも当たり前な内容だが、進歩するためには通らなければならない絶対に必要な部分。
    リズム練習では、提示したリズム(譜面)がどのような音楽に使用されているのかの解説が加えられていて、なるほどと感心させられた。

  • 個人的には不要な講座と思ったが

    投稿日 2016-12-28

    自分では分かり切っていることを受講すると思っていたのだが、知らなかったこともチョコチョコと取り上げられていて、結局は自分にとっても必要な講座であった。
    譜面に関して完全にわかっていると自負している人にとっても、確認のために改めて受講することをお勧めする。
    無料ですし。

  • 2件すべてのカスタマーレビューを表示(新しい順)

  • クーポンを利用する

    クーポンコードを入力してください

  • クーポンを利用する

    クーポンコードを入力してください