インストラクター

遠藤 輝好

東京虎ノ門法律事務所






慶応義塾大学大学院法学研究科修士課程修了
中央大学法科大学院修了
平成20年司法研修所終了、弁護士登録(第二東京弁護士会)
中央大学法科大学院実務講師
専修大学エクステンションセンター講師
東京虎ノ門法律事務所入所
中央大学法学部兼任講師
平成25年 防衛省ヘルプライン就任


※主な取扱い分野
民事事件、家事事件、刑事事件、一般企業法務、労務管理、内部通報制度設計支援等



遠藤輝好弁護士の企業の法律シリーズ 労務を巡る諸問題2(パートタイム労働法)

0件のレビュー
インストラクター

遠藤 輝好

東京虎ノ門法律事務所






慶応義塾大学大学院法学研究科修士課程修了
中央大学法科大学院修了
平成20年司法研修所終了、弁護士登録(第二東京弁護士会)
中央大学法科大学院実務講師
専修大学エクステンションセンター講師
東京虎ノ門法律事務所入所
中央大学法学部兼任講師
平成25年 防衛省ヘルプライン就任


※主な取扱い分野
民事事件、家事事件、刑事事件、一般企業法務、労務管理、内部通報制度設計支援等



平成26年に改正平成27年4月より施行されたパートタイム労働法。 法改正の趣旨は短時間労働者(パートタイム)の雇用管理の改善のため、少子高齢化、就業構造の変化、そして短時間労働者の果たす役割の増大に対応したものとする目的です。改正のポイントついて人事労務の専門法律家が解かりやすく解説します。
コンテンツ
  • パートタイム労働法の目的と改正
  • 労働条件の文書交付等
  • 事業主が講ずる措置の内容などの説明
  • 均等、均衡待遇の確保の推進
  • 通常の労働者への転換を推進
  • 苦情処理、紛争解決の援助
  • アンケートにご協力下さい。
レビュー
5つ星のうち
-
5
4
3
2
1
  • クーポンを利用する

    クーポンコードを入力してください

このコースを受講した人はこんなコースも受講しています:
  • クーポンを利用する

    クーポンコードを入力してください

このコースを受講した人はこんなコースも受講しています: