インストラクター

佐久間 大輔

つまこい法律事務所






1970年生まれ、1993年中央大学法学部卒業、1997年東京弁護士会にて弁護士登録、2013年つまこい法律事務所開設。
労災・過労死事件を中心に、労働事件、一般民事事件を扱う。 日本労働法学会所属。


過労死や労災、労働問題について執筆。以下、単行本を紹介。


・労働法実務解説7 安全衛生・労働災害(旬報社、2016年)
・シリーズ働く人を守る 精神疾患・過労死 第2版(中央経済社、2012年)
・過労死時代に求められる信頼構築型の企業経営と健康な働き方(労働開発研究会、2014年)
・労災・過労死の裁判(日本評論社、2010年)
 
労災・過労死、安全衛生・メンタルヘルスなどについて講演をした一例。
・労働問題に精通した弁護士が繰り広げるモギ法廷~ストレスチェックに関連する想定事例を素材として(日本産業衛生学会近畿地方会産業医部会)


・弁護士が説くメンタルヘルス対策のポイント(産業保健法学研究会)


・労災をめぐる最新判例動向解説-最近の過労死裁判例と企業の補償・予防義務(労働開発研究会)


・安全衛生・労働災害をめぐる法律問題、過労死・メンタルヘルスをめぐる法律問題(東京都労働相談情報センター)


・最近の過労死裁判例と企業の補償・予防義務(メンタルリスク・マネジメント・セミナー)


・労災・過労死事案の損害賠償訴訟の実務(東京三弁護士会)


・労災-安全配慮義務違反に基づく損害賠償請求、過労自殺と労働者のメンタルヘルスをめぐる諸問題(東京弁護士会)


・労災・職業病の法律実務(日本弁護士連合会)


・医師の働き方を考える(日本産業衛生学会)


・過労死・過労自殺(静岡県社会保険労務士会)


・労災・職業病をめぐる法律問題(埼玉弁護士会)


・産業カウンセリングに関わる労働法令、産業カウンセラーのための生きた労働法知識-過労死・過労自殺(日本産業カウンセラー協会)



インサイダー取引規制と企業の防止策(知らないと損する法律講座) 

0件のレビュー
インストラクター

佐久間 大輔

つまこい法律事務所






1970年生まれ、1993年中央大学法学部卒業、1997年東京弁護士会にて弁護士登録、2013年つまこい法律事務所開設。
労災・過労死事件を中心に、労働事件、一般民事事件を扱う。 日本労働法学会所属。


過労死や労災、労働問題について執筆。以下、単行本を紹介。


・労働法実務解説7 安全衛生・労働災害(旬報社、2016年)
・シリーズ働く人を守る 精神疾患・過労死 第2版(中央経済社、2012年)
・過労死時代に求められる信頼構築型の企業経営と健康な働き方(労働開発研究会、2014年)
・労災・過労死の裁判(日本評論社、2010年)
 
労災・過労死、安全衛生・メンタルヘルスなどについて講演をした一例。
・労働問題に精通した弁護士が繰り広げるモギ法廷~ストレスチェックに関連する想定事例を素材として(日本産業衛生学会近畿地方会産業医部会)


・弁護士が説くメンタルヘルス対策のポイント(産業保健法学研究会)


・労災をめぐる最新判例動向解説-最近の過労死裁判例と企業の補償・予防義務(労働開発研究会)


・安全衛生・労働災害をめぐる法律問題、過労死・メンタルヘルスをめぐる法律問題(東京都労働相談情報センター)


・最近の過労死裁判例と企業の補償・予防義務(メンタルリスク・マネジメント・セミナー)


・労災・過労死事案の損害賠償訴訟の実務(東京三弁護士会)


・労災-安全配慮義務違反に基づく損害賠償請求、過労自殺と労働者のメンタルヘルスをめぐる諸問題(東京弁護士会)


・労災・職業病の法律実務(日本弁護士連合会)


・医師の働き方を考える(日本産業衛生学会)


・過労死・過労自殺(静岡県社会保険労務士会)


・労災・職業病をめぐる法律問題(埼玉弁護士会)


・産業カウンセリングに関わる労働法令、産業カウンセラーのための生きた労働法知識-過労死・過労自殺(日本産業カウンセラー協会)



「弁護士佐久間大輔の【知らないと損する法律講座】シリーズ」は、「債権」「不動産」「事業承継」「ビジネス契約」等のテーマにおいて、関連する法律知識やトラブルの対処法を分かりやすく学べる講座となっております。
本講座では、インサイダー取引についての詳細と、法律家の立場からの企業においての未然の防止策を分かりやすく説明いたします。

(参考)インサイダー取引とは・・・上場会社または親会社・子会社の役職員や大株主などの会社関係者、および情報受領者(会社関係者から重要事実の伝達を受けた者)が、その会社の株価に重要な影響を与える「重要事実」を知って、その重要事実が公表される前に、特定有価証券等の売買を行うことをいい、金融商品取引法で規制されています。
 また、平成26年4月1日施行の金融商品取引法等改正において、投資法人の発行する投資証券等の取引がインサイダー取引規制の対象となりました。
 対象となる会社関係者の範囲には、上場投資法人(いわゆるJ-REITの発行者)、その資産運用会社及びその資産運用会社の親会社その他の特定関係法人の関係者等が含まれます。
 インサイダー取引は、金融商品市場の信頼を損なう代表的な不公正取引です。インサイダー取引を禁止する理由には、主に「投資者保護」、「金融商品市場への信頼確保」が目的とされております。

(参考)知らないと損する法律講座
・債権を回収するには http://elearning.co.jp/?page_id=14373
・不動産オーナーの為のトラブル対処法 http://elearning.co.jp/?page_id=14379
・事業承継を円滑にする方法 http://elearning.co.jp/?page_id=14381
・ビジネス契約 有利・不利のポイント http://elearning.co.jp/?page_id=15094
・労働災害予防 http://elearning.co.jp/?page_id=15906
・過労死、精神疾患予防 http://elearning.co.jp/?page_id=15910
コンテンツ
  • インサイダー取引とは?目的と手段
  • 禁止の客体
  • 禁止される行為、始期
  • 業務に関する重要事実
  • 公開買付者等関係者の禁止行為、公開買付とは?
  • 禁止される行為、始期
  • 刑事罰、課徴金
  • 情報伝達、取引奨励の規制
  • インサイダー取引の防止策(1)
  • インサイダー取引の防止策(2)
  • インサイダー取引の防止策(3)
  • アンケートにご協力下さい。
レビュー
5つ星のうち
-
5
4
3
2
1
  • クーポンを利用する

    クーポンコードを入力してください

このコースを受講した人はこんなコースも受講しています:
  • クーポンを利用する

    クーポンコードを入力してください

このコースを受講した人はこんなコースも受講しています: