インストラクター

山本 晴義

横浜労災病院 メンタルヘルスセンター長

横浜労災病院 メンタルヘルスセンター長
1948年東京生まれ、小田原、函館で育ち、1972年東北大学医学部卒業、岩手県立病院、東北大学付属病院、呉羽総合病院、梅田病院を経て、1991年横浜労災病院心療内科部長、2001年より現職。
日本産業ストレス学会理事、日本精神保健学会評議員、日本心身医学会評議員、日本心療内科学会評議員、日本職業災害医学会評議員など。
他に埼玉学園大学客員教授、文京学院大学講師などをつとめる。
厚生労働省ポータルサイト「こころの耳」委員。

主な著書に『ストレス一日決算主義』(NHK出版)、『メンタルヘルス対策の本』(労務行政)、『ビジネスマンの心の病気がわかる本』(講談社)、『ストレス教室』『働く人のメンタルヘルス教室』『メンタルサポート教室』(以上、新興医学出版)など多数ある。

職場のメンタルヘルス対策

1件のレビュー
インストラクター

山本 晴義

横浜労災病院 メンタルヘルスセンター長

横浜労災病院 メンタルヘルスセンター長
1948年東京生まれ、小田原、函館で育ち、1972年東北大学医学部卒業、岩手県立病院、東北大学付属病院、呉羽総合病院、梅田病院を経て、1991年横浜労災病院心療内科部長、2001年より現職。
日本産業ストレス学会理事、日本精神保健学会評議員、日本心身医学会評議員、日本心療内科学会評議員、日本職業災害医学会評議員など。
他に埼玉学園大学客員教授、文京学院大学講師などをつとめる。
厚生労働省ポータルサイト「こころの耳」委員。

主な著書に『ストレス一日決算主義』(NHK出版)、『メンタルヘルス対策の本』(労務行政)、『ビジネスマンの心の病気がわかる本』(講談社)、『ストレス教室』『働く人のメンタルヘルス教室』『メンタルサポート教室』(以上、新興医学出版)など多数ある。
今、メンタルヘルスは、企業が取り組まなければならない緊急課題の1つとなっています。
本コースでは、メンタルヘルス対策を行う上で管理職に必要な知識を身に付けるため、「なぜ職場のメンタルヘルス対策が求められているのか」「従業員のセルフケアや組織的なケア(ラインによるケア)にはどんなものがあるのか」「部下や同僚から相談を受けた場合、どう対応するのがいいのか」などについて、具体的な相談事例を交えながら学習します。
担当講師は、横浜労災病院メンタルヘルスセンター長・山本晴義氏。
講座内に理解度確認テストもありますので、自分の理解度を把握しながら繰り返し学習することが可能です。
コンテンツ
  • 1) 職場で求められるメンタルヘルス対策
  • 2) 職場のメンタルヘルスが叫ばれている理由
  • 3) 職場で求められるセルフケア
  • 4) ラインによるケア
  • 5) 自殺予防とうつ病対策
  • 6) 自分なりのストレス解消法をもつ
  • 理解度テスト
  • アンケートにご協力下さい。
レビュー
5つ星のうち
4.00
5
4
3
2
1
  • クーポンを利用する

    クーポンコードを入力してください

  • クーポンを利用する

    クーポンコードを入力してください