インストラクター

葛原 久美

株式会社ベリース代表取締役。






明治大学リバティーアカデミー講師。


Windows95の時代から司法試験、司法書士、社会保険労務士、マンション管理士など、主に法律系の教材を中心にeラーニング教材開発に携わる。


司法書士など、より難易度の高い法律系の資格受験者が合格者が多くを占めると言われる行政書士試験(一般の合格率は6~9%)において、主に初学者を対象とする講座にもかかわらず、一般の合格率を毎年超え続ける実績を持つ。



行政書士試験だけでなく、センター試験、国家公務員試験、総務省や内閣府の政策、各種白書など、他の法律系の試験のトレンドと行政書士試験の過去問を比較、試験委員の専門分野や出題傾向もチェックするなど、徹底した分析を行い、それらのデータから、受講者に出題範囲を徹底的に絞って提供する超合理的な講義が特徴。



企業と社員を守る〜コンプライアンス基礎講座

0件のレビュー
インストラクター

葛原 久美

株式会社ベリース代表取締役。






明治大学リバティーアカデミー講師。


Windows95の時代から司法試験、司法書士、社会保険労務士、マンション管理士など、主に法律系の教材を中心にeラーニング教材開発に携わる。


司法書士など、より難易度の高い法律系の資格受験者が合格者が多くを占めると言われる行政書士試験(一般の合格率は6~9%)において、主に初学者を対象とする講座にもかかわらず、一般の合格率を毎年超え続ける実績を持つ。



行政書士試験だけでなく、センター試験、国家公務員試験、総務省や内閣府の政策、各種白書など、他の法律系の試験のトレンドと行政書士試験の過去問を比較、試験委員の専門分野や出題傾向もチェックするなど、徹底した分析を行い、それらのデータから、受講者に出題範囲を徹底的に絞って提供する超合理的な講義が特徴。



業務活動を法的にチェックし、トラブルを未然に防止しまた、トラブルが起これば解決に導く「コンプライアンス(法令遵守)能力」は、今や企業、ビジネスパーソンにとって必要不可欠です。コンプライアンス違反は企業の不祥事という形でマスコミでも取り上げられることもあり、問題が発生するとあらゆる面で悪影響が出ます。
従業員一人一人がコンプライアンスを推進することにより、CSRの取り組みを推進することにもなります。そして企業を守り、社員個々を守ることになります。
当講座ではコンプライアンスの基礎を学ぶとともに、起こりがちな事例を解説していきます。 【収録時間 約1時間54分】
コンテンツ
  • コンプライアンスとは?
  • コンプライアンス重視の時代へ
  • コンプライス違反と企業経営
  • 業務上の違法行為
  • ハラスメント
  • 情報の管理1
  • 情報の管理2
  • 労働に関する問題
  • アンケートにご協力下さい。
レビュー
5つ星のうち
-
5
4
3
2
1
  • クーポンを利用する

    クーポンコードを入力してください